Interview

竹内 晴信
#サポーター #チャレンジャー #新卒入社 #パイオニア

どうせ働くなら、楽しく。
イキイキしてた先輩のように。

About me

私はこんな人

ニックネーム:

ハル、ハルノブ、ハルノビ

プロフィール:

滋賀県出身。
高校卒業と共にオーストラリアへ。
現地の大学へ入学→無事に卒業。
(ほぼ、英語、忘れています・・・泣)

2011年に新卒で弊社に入社。
理由は新卒採用支援に興味があったから。

モットーは
#シンプル イズ ベスト
(フランスサッカー代表の名選手の言葉です。)

最近の感じ。
#ネコが欲しい
#500円玉貯金始めた
#ウクレレ始めたい

01
どうしてジェイオーダーに参加しようと思ったの? 『楽しく仕事が出来るかもしれない』と思ったから。

オーストラリアの大学を卒業したのは11月。
日本に戻って、完全に出遅れた就活でした。
厳しかった、、、。苦笑

そんな中、出会ったのがウチの会社でした。

僕は元々、「仕事=しんどいもの」と考えていました。
当時読んだ本の中で、有名なサッカー選手も同じような事を言っていました。
あれだけ好きで夢中でやっていたサッカーもプロになった瞬間に「仕事」になり、憂鬱な時があったと。
仕事になると好きだった事も嫌になる事もあるんだな。
と考えが変わった事を覚えています。
だからこそ『せっかく働くならしんどい事でも楽しく出来る環境が良いな。』と思い、どんな人が働いているのか?に注力して就活をしていました。
そんな時に出会ったのがウチの会社。
今まで受けた説明会の中でジェイオーダーが一番楽しそうでした。
こんなに楽しそうに仕事が出来るってどんな会社?と興味が湧いたのを覚えています。
『自分も楽しく仕事が出来るかもしれない』と思えたのが入社の決め手です。

02
仕事をしていて、うれしかったことは? お客様から、他のお客様をご紹介していただけたこと

大阪市北区・福島区エリアを担当していた頃の話です。
ある時から急にお客様から他のお客様をご紹介頂く事が増えました。

振り返ると、3ヶ月の間に13社程ものご紹介をいただきました。
それまでは月に1~2件ご紹介いただけたら良い方だったので、とても驚きました。

僕は「ご紹介をいただけること」は仕事に対してGOOD評価をいただけていることの証左だと思っています。
少なくても僕自身、人に何かを紹介する時は少なくても自分が「良い」と思ったものじゃないと紹介しません。
お客様もきっとそうだと思います。
特にビジネスに関わることは、紹介する側の信頼も掛かっているので、そう簡単なことではないはずです。

そう考えると、3ヶ月で13社ご紹介をいただけたという事実は『自分の仕事がお客様に認めていただけたんだな。』と改めて思えた期間であり、より一層、スキルアップしお客様に喜んでいただこうと覚悟を持てた経験でした。

このメンバーの日常が知りたい方はクリック

Message

伝えたいこと

「何」を大切に仕事選び、就職先選びをするのかが大切だと思います。その大切な「何」かが満たされていたら、それだけで満足!というぐらいのものを探す事が重要だと思います。それが就活中に変わっても良いし、これから見つけても良いと思います。それが決まれば自分の大切にしたい働き方や目指す姿の輪郭が見えてくると思います。だからこそ、「何」が自分にとって大切なのか。を考え、それを目安に就活すると、探しやすくなるし理想的な就職活動が出来ると思います!

Interviews

メンバーへのインタビュー

徳田 勝士

#リーダー #チャレンジャー #キャリア入社

誰かの夢の実現に
貢献できる自分でありたい。

福平 圭介

#リーダー #フォロワー #チャレンジャー #新卒入社

泣き虫だった自分に伝えたい。
「その判断は間違ってないよ」と。

高山 希美

#フォロワー #サポーター #新卒入社 #パイオニア

営業だけは絶対嫌だった。
でも、チャレンジして良かった。

古田 麻依子

#フォロワー #サポーター #チャレンジャー #キャリア入社 #パイオニア

目指しているのは考えや想いを
自分の言葉で語れる女性。

竹内 晴信

#サポーター #チャレンジャー #新卒入社 #パイオニア

どうせ働くなら、楽しく。
イキイキしてた先輩のように。

木坂 光佑

#リーダー #チャレンジャー #キャリア入社

失敗も挫折もたくさん経験した。
経験が僕を大きくしていく。

Stories

他のストーリーを見る

View All
Back
Next

Project Story

経営者に勇気を与える本当の意味で優しい仕事

決断することの重みと価値

Project Story

新規事業立案 N1グランプリ準優勝への道と事業化実現に向けて

カッコイイ女性になるための
入社2年目の挑戦

Project Story

支えてくれる仲間がいるからできること。

挫折を乗り越えた、
その先にあるもの。

Project Story

大学に行かない決断をした僕だからこそ伝えられる就職観がある。

就活生の皆に伝えたい。
「無難」じゃなくて
「納得」の出来る決断を!

Project Story

もっと就活を近くへ。遊びと仕事の境目を無くそう。

アニメ×キャリア支援 
V-TUBERへの道。

Project Story

結果は選べない。でも、どう向かうかは選べる。だからこそ、転んでもまた挑む。

自信がない人こそ大手に内定を!
キャリア支援事業で
就活支援プログラムをつくる