Project Story

経営者に勇気を与える本当の意味で優しい仕事

決断することの重みと価値

トップページそれぞれのストーリー決断することの重みと価値
自分の親よりも年上の経営者に伝えた、採用の可能性

担当するクライアントの社長は御年72歳
自分の両親よりもはるかに年上でした。
経営者としても、40年以上のキャリア。
『20代の若造が、そんな社長に物申している...。』
アポイントメントの度に、ピリッとした緊張感がありました。

あるアポイントメント。
「もうウチではいい人材は採用できない。今まで採用した人も全員やめた。募集してもいい奴が来ない。だからもう無理だ。」
社長は諦めた表情で話されました。

「確かに、採用で苦しまれていることはわかります。でも、このまま採用が出来なければどうなるのか?」

「潰すしかない。」
覇気のない言葉を出す社長。
でも、僕は何度も社長と将来の話をして諦めるべきではないと確信していました。

「社長、本当に良いのですか?僕は良いと思いません。社長ご自身はどうされたいと思っているのですか?」

社長は語気を強めおっしゃられました。
「若いやつに自分がやってきたことを継承し、会社としても存続させてほしい。」

「だったら、絶対に成功させるから、諦めちゃダメです。僕は諦めませんよ。」

本心を語っていただき、その想いに何としても応えたいと思いました。
しかし、未来を託す優秀な若手を採用することは、簡単ではありません。

『思い切り、啖呵を切ってしまった。。。』

自分の目の前に大きなミッションができたことを再認識しながら、オフィスへ戻りました。

嫌われたくない。優しいと言われていた僕の変化。
今までの僕は、事なかれ主義。
人との関係は角が立たないように生きてきました。

何か思うことがあっても、
『相手が怒るかもしれない』
『嫌われるかもしれない』
そう思ってしまい、人に対して考えを率直に言えませんでした。

周りの人は、そんな僕のことを「優しい」と表現してくれます。
優しいと言われることは嬉しいし、やっぱり嫌われたくはない。
だから今のままでいい、と思っていた自分。

そんな僕が親よりも年上の社長に、啖呵を切ったことに僕自身驚いていました。
優しさとは何かー。原点は夢に破れた自分。

僕は元々、騎手になることを夢見ていました。
中学校を卒業し、関東の全寮制の学校へ入学しました。
周りには反対されましたが、どうしても騎手になりたくて強行しました。

『このタイミングで行かなければ、騎手の道は閉ざされてしまう。』

挑戦せずに後悔することだけはしたくありませんでした。
入学当初は順調でした。
自分で言うのは恥ずかしいですが、技術・知識ともに
同期メンバーよりも良い成績を出していました。


唐突に夢は終わった。


僕が夢を叶える上で、大きな壁が出てきました。
それは「体重制限」。

騎手には規定体重が決まっていて、毎朝計量があります。
身長の伸びに伴ない体重が増加。減量に悩まされていました。
1日の食事は干し芋を味が無くなるまで噛むだけ。そんな日々が続きました。

そして、ある日。
訓練に臨もうと、部屋を出た瞬間、目の前が白黒になりそのまま意識を失いました。
目を覚ました時には病室。周りには関係者と医者。何があったのか、理解できませんでした。

「もうこれ以上は続けさせられない。」医者も関係者も全員が口を揃えたように
僕に言ってきましたが、僕には受け入れられませんでした。
『全てを捨ててここに来た。このくらいで終われない。』
何とか続けさせてくれ、と言い続けました。

「私が話をします。」
僕が一番お世話になった教官。僕と教官の2人だけの病室で彼は言いました。

「お前には才能がないから諦めなさい。」

何を言っているのか理解できませんでした。

「この世界は身長も才能だ。だから、お前には才能がない。」

涙が止まりませんでした。

本当の優しさとは何か。
教官の言葉はとても厳しいものでした。
でも、あの時に自分の心に決着をつけられたのは、教官の言葉のおかげでした。

本当の優しさは、その瞬間はとても厳しく映ることがあるということを教えていただきました。
仮に嫌われたとしても、本当にその人の為になることを言う事。

今までの自分が「優しさ」としてきたのものは、
人の為ではなく、自分の為のもの。
つまり、本当の優しさではなかったのだと、気づかされました。
社長とともに崖の下へ飛び込む

本当の価値を提供するために
社長、その組織にとってなにが最良か。

今までの自分であれば、流していたのかもしれない。
嫌われることが嫌で、何も触れなかったかもしれない。

でも、本当に優しさは何かを考え続けてきた僕には、流すことができませんでした。

社長と同じぐらい、いや、社長以上に覚悟を持って取り組もう。

僕にとっては決して簡単ではない挑戦。
自らの頭をフル回転させ、成功させるために、本気で議論しました。
そんな僕の姿勢を認めていただいたのか、
提案にご了承いただき、共にチャレンジすることに。

辿り着いたのは、心からの「ありがとう」
結果は成功。予想以上の成果でした。

喜びはもちろんありましたが安堵の方が大きかったことを覚えています。

「君のおかげや、ありがとうな。」

社長から思わぬ言葉。
その瞬間、僕の中での感情が爆発しました。

『逃げなくてよかった、踏み込んでよかった。』

本気で考え、本気でぶつかったからこそ、得れた結果。
まだまだ完璧ではないけれど、本当の優しさを少しだけ体現できた気がします。

あの時、教官が僕に言ってくれた言葉。あの言葉が無ければ、まだどこかでくすぶっていたのかもしれない。

人が人生の岐路に立った時、自分の言葉で大きな影響を与えられる。
そんな立派な人間になれるように、日々を真剣に生きていきたい。

そう思い、今も道を進んでいます。


このメンバーの日常を知りたい方はクリック

Stories

他のストーリーを見る

View All
Back
Next

Project Story

経営者に勇気を与える本当の意味で優しい仕事

決断することの重みと価値

Project Story

新規事業立案 N1グランプリ準優勝への道と事業化実現に向けて

カッコイイ女性になるための
入社2年目の挑戦

Project Story

支えてくれる仲間がいるからできること。

挫折を乗り越えた、
その先にあるもの。

Project Story

3月末までのチャレンジを継続更新!更新型企画 ーThe INGー

始動!プロジェクト2S!
~メンバー成長の軌跡~

Project Story

継続更新型企画 ーThe INGー 第2段

目指せ!法人化。
首都圏エリア開発事業部の挑戦。

Interviews

メンバーへのインタビュー

徳田 勝士

#リーダー #チャレンジャー #キャリア入社

誰かの夢の実現に
貢献できる自分でありたい。

福平 圭介

#リーダー #フォロワー #チャレンジャー #新卒入社

泣き虫だった自分に伝えたい。
「その判断は間違ってないよ」と。

高山 希美

#フォロワー #サポーター #新卒入社 #パイオニア

営業だけは絶対嫌だった。
でも、チャレンジして良かった。

古田 麻依子

#フォロワー #サポーター #チャレンジャー #キャリア入社 #パイオニア

目指しているのは考えや想いを
自分の言葉で語れる女性。

竹内 晴信

#サポーター #チャレンジャー #新卒入社 #パイオニア

どうせ働くなら、楽しく。
イキイキしてた先輩のように。

木坂 光佑

#リーダー #チャレンジャー #キャリア入社

失敗も挫折もたくさん経験した。
経験が僕を大きくしていく。