Interview

徳田 勝士
#リーダー #チャレンジャー #キャリア入社

誰かの夢の実現に
貢献できる自分でありたい。

About me

私はこんな人

ニックネーム:

とくちゃん、とくさん

プロフィール:

★2014年10月中途入社
★29歳で営業未経験から入社して7年目
★京都府亀岡市出身(田舎っぺ)
★至誠一貫/誠実な人になる

◆スポーツ大好き
#サッカーはするのも見るのも好き
#スポーツ店で働いてました

◆アウトドア派⁉︎
#BBQは毎年5回
#キャンプは毎年1回

◆インドア派⁉︎
#定期的に漫画喫茶
#植物好き、桜を育ててる

01
この仕事で嬉しかったことは? お客様から「おかげ様で、私の夢が叶いました。」と言われたこと。

ある日、私の電話に知らない番号から電話がかかってきました。

「徳田さん、ついに独立することが決まりました。新しい私の店の採用も手伝ってほしい。」

ある飲食店で採用担当をされていた方からでした。

「将来、自分の店を持ちたいんです。」

その方は採用担当時代から、ずっと私に夢を語ってくれていました。

その方が務めていた会社の採用をお手伝いをして3年。
採用も成功し、採用いただいた方が成長し、お店の規模もどんどん大きくなっているところでした。役割を十分果たしたということで、満を持して夢にチャレンジされたとのことです。

「おかげ様で、私の夢が叶いました。」

新しいお店のことを凄く嬉しそう話されるお客様。
その姿を見ていると私もすごく幸せな気持ちになりました。

私たちの仕事は、採用を通してお店が発展する姿を見ることができます。
同時に、そこで働く「人の夢」にも寄り添い貢献できます。

この仕事のやりがいを実感できた瞬間でした。

02
どうしてジェイオーダーに参加したの? 「この人がいる会社ならきっと成長できる」と思ったから。

「成長できる会社」それが私の仕事探しの軸でした。

成長に貪欲な人の集まりの中で仕事をしたい。人で決めよう。と思い転職活動をしていましたが、面接や説明会の場だけでは、実際にどのような人達が働いているのか今一つ見えませんでした。軸としていることの情報が少なく転職活動は難航しました。

そんな時に出会ったのがうちの会社です。選考を通して「この会社で仕事をしてみたい」と思うようになりました。決め手は面接官の熱量。

現場にこの人がいるかはわからない。
もしかしたら、違う人と仕事をすることになるかもしれない。
でも、少なくとも目の前で自分の話をとことん聞いてくれて自分を理解しようとしてくれている。そして、自分の仕事をこんなにも熱く語ることができる。
こういう人がいる会社で仕事が出来ればきっと自分の成長に繋がるはず。

そう思い入社を決めました。

あれから8年。
確実に前に進んでいる手応えを感じています。

このメンバーの日常を知りたい方はクリック

Message

伝えたいこと

自分がどんな人になりたいのかは大切だと思いますが、そのイメージがないから悩んでいるという人のほうが正直多いと考えています。僕もそうでした。でもどんな人達と一緒に働きたいかは、イメージ出来るのではないでしょうか。更に言うとどんな人達となら自分の力が発揮できるのか。自分の過去を振り返ってみて、焦らず答えを言語化してみてはどうでしょうか。

Interviews

メンバーへのインタビュー

徳田 勝士

#リーダー #チャレンジャー #キャリア入社

誰かの夢の実現に
貢献できる自分でありたい。

福平 圭介

#リーダー #フォロワー #チャレンジャー #新卒入社

泣き虫だった自分に伝えたい。
「その判断は間違ってないよ」と。

高山 希美

#フォロワー #サポーター #新卒入社 #パイオニア

営業だけは絶対嫌だった。
でも、チャレンジして良かった。

古田 麻依子

#フォロワー #サポーター #チャレンジャー #キャリア入社 #パイオニア

目指しているのは考えや想いを
自分の言葉で語れる女性。

竹内 晴信

#サポーター #チャレンジャー #新卒入社 #パイオニア

どうせ働くなら、楽しく。
イキイキしてた先輩のように。

木坂 光佑

#リーダー #チャレンジャー #キャリア入社

失敗も挫折もたくさん経験した。
経験が僕を大きくしていく。

Stories

他のストーリーを見る

View All
Back
Next

Project Story

経営者に勇気を与える本当の意味で優しい仕事

決断することの重みと価値

Project Story

新規事業立案 N1グランプリ準優勝への道と事業化実現に向けて

カッコイイ女性になるための
入社2年目の挑戦

Project Story

支えてくれる仲間がいるからできること。

挫折を乗り越えた、
その先にあるもの。

Project Story

大学に行かない決断をした僕だからこそ伝えられる就職観がある。

就活生の皆に伝えたい。
「無難」じゃなくて
「納得」の出来る決断を!

Project Story

もっと就活を近くへ。遊びと仕事の境目を無くそう。

アニメ×キャリア支援 
V-TUBERへの道。

Project Story

結果は選べない。でも、どう向かうかは選べる。だからこそ、転んでもまた挑む。

自信がない人こそ大手に内定を!
キャリア支援事業で
就活支援プログラムをつくる