Project Story

継続更新型企画 ーThe INGー 第2段

目指せ!法人化。
首都圏エリア開発事業部の挑戦。

トップページそれぞれのストーリー目指せ!法人化。
首都圏エリア開発事業部の挑戦。
2022年4月。首都圏エリア開発事業本部 立上げ。

はじめまして!
首都圏エリア開発事業本部 統括責任者の青木と申します!

今年の4月から、
首都圏エリア開発事業本部 首都圏エリア開発チームとして
新たなスタートをきりました!

これから5年かけて
首都圏エリアのマーケット開拓を行い
最終的には、首都圏エリア事業本部を独立分社させて、1つの会社にします!

ここでは、部署の立上げ~法人化までのプロセスを
赤裸々に発信していきます!

まず目下のところは
2024年7月に東京オフィスを新開設です!
今はサテライト運営なので
マーケットを開拓し、人員が常駐できる状況を目指します!

プロジェクトメンバーの自己紹介!

本プロジェクトのメンバーを紹介します!

青木潤 ( 紹介サイトへGO! )
通称:ジュン、ジュンさん

統括責任者。
サッカーと釣りとキングダムが大好き。
髪型と髭と日焼けで、ぱっと見が怖いとメンバーからバッシング。
根っこは真面目で優しい、30歳。


山﨑勝明 ( 紹介サイトへGO! )
通称:ザキ、ザキさん、メラゾーマ
服と靴と自転車をこよなく愛する29歳。
コンビニのおばちゃんからお菓子をいただけるほどの
愛嬌の持ち主。趣味はダンス。

森岡弘幹 ( 紹介サイトへGO! )
通称:モリオカ、モリオカさん
アニメが好きすぎて将来、音響監督を目指している。
週末に師匠に習いにいくほどのガチ勢。
夢を追って、実は転職活動中(会社公認)の31歳。

上記3人に、
女性スタッフのソネちゃんを加えた4名が
首都圏エリア開発事業部で活躍します!

雑多なオフィス。ここから始まります!
新しい仲間探し!
首都圏エリア開発事業部の採用活動スタート。
どうやったら良い方にきていただけるか作戦会議中!

目標達成するために、最も重要なこと。

「採用」

僕たち首都圏エリア開発事業部、通称「シュトカイ」では
4月から新しい仲間を大・大・大募集中です!

まずは最低でも6月末までに3名、採用したいと考えています。

先日、行ったことはシュトカイの採用を成功させるための作戦会議。

・シュトカイにとっての良い人材とはどのような人か
・その人たちに、どのようなメッセージを提供していくか

試行錯誤。

そうして決まったコンセプトは

『失敗』

失敗って、ネガティブなイメージがありますが
失敗するということは、挑戦した証。

僕たちも、色々な挑戦をしていこうという意味を込めて
失敗という観点から、シュトカイの情報を出していくことに決めました。

まずは、
タウンワークやとらばーゆ、リクナビNEXTなどの求人情報サイトに情報をUP。
今後は、シュトカイ専用の採用サイトの立ち上げなど、動いていきます!


つづく、、、。

Stories

他のストーリーを見る

View All
Back
Next

Project Story

経営者に勇気を与える本当の意味で優しい仕事

決断することの重みと価値

Project Story

新規事業立案 N1グランプリ準優勝への道と事業化実現に向けて

カッコイイ女性になるための
入社2年目の挑戦

Project Story

支えてくれる仲間がいるからできること。

挫折を乗り越えた、
その先にあるもの。

Project Story

3月末までのチャレンジを継続更新!更新型企画 ーThe INGー

始動!プロジェクト2S!
~メンバー成長の軌跡~

Project Story

継続更新型企画 ーThe INGー 第2段

目指せ!法人化。
首都圏エリア開発事業部の挑戦。

Interviews

メンバーへのインタビュー

徳田 勝士

#リーダー #チャレンジャー #キャリア入社

誰かの夢の実現に
貢献できる自分でありたい。

福平 圭介

#リーダー #フォロワー #チャレンジャー #新卒入社

泣き虫だった自分に伝えたい。
「その判断は間違ってないよ」と。

高山 希美

#フォロワー #サポーター #新卒入社 #パイオニア

営業だけは絶対嫌だった。
でも、チャレンジして良かった。

古田 麻依子

#フォロワー #サポーター #チャレンジャー #キャリア入社 #パイオニア

目指しているのは考えや想いを
自分の言葉で語れる女性。

竹内 晴信

#サポーター #チャレンジャー #新卒入社 #パイオニア

どうせ働くなら、楽しく。
イキイキしてた先輩のように。

木坂 光佑

#リーダー #チャレンジャー #キャリア入社

失敗も挫折もたくさん経験した。
経験が僕を大きくしていく。